英語で仕事する時の注意点!相手の気持ちを理解する

Posted by

その英語、相手を不快にさせていませんか?

外資系など英語を使って仕事をする場合は、完璧に英語を使えないとまともにコミュニケーションできません。他愛の無い雑談であれば下手な英語でも通用するかもしれませんが、仕事の話をするのでしっかりとした英語でないといけません。転職活動の際にも面接は基本的に英語で行われますので、上手に扱えないと採用の可能性は低くなります。悪気のない表現で話したとしても、皮肉のように聞こえてしまうと相手を不快にさせてしまいます。英語の発音が下手でなかなか伝わらない場合もフラストレーションが溜まるので、相手の事を第一に考えて、英語を扱いたいです。

曖昧な表現に注意する

日本語でのコミュニケーションは、曖昧な部分が多々あります。明確な回答をせずに曖昧な表現を使って断るなどは、一つの話術でもあります。しかし、英語は曖昧な表現もありますが基本的にはイエス・ノーの世界です。曖昧なコミュニケーションをしていると、相手が怒って交渉が破談になるかもしれません。話を有耶無耶にされると、結局何が言いたいのかという感情になるのです。日本人と外国人の言語や考えの違いをしっかりと理解します。

ジョークなども交えたい

緊迫した交渉や話し合いの場でも、時にはジョークの一つや二つを飛ばしておかないと場の空気が和みません。日本人同士でも外国人同士でも同じですが、基本的に楽しい人間とコミュニケーションして信頼関係を築いていきたいものです。難しい顔をして、何の笑いもない話し合いはいくら仕事と言えど退屈になるので良好な関係性を築くことができません。ただ、なかなか英語でのジョークは容易ではありませんし最悪誤解を招く可能性があるので慎重に発言したいです。転職活動の際にもジョークを使うことで、自分は楽しくてユーモアのある人間だとアピールできます。

英語の転職では、英会話スクールをはじめとした様々な職場の中から探せるため、自分の適性に応じた求人探しが可能です。