効率的な就職活動のために求人方法を考える必要がある

Posted by

学生が就職活動をするときに注目する点

大学生が就職活動をする上で重要なのは、インターネットの就職サイトに掲載されている企業情報ではなくて、その企業の風土だったり、職場の雰囲気だったりします。それらは大学に届く求人票ではわからないことが多いです。中途採用の求人では、募集している職種だったり勤務条件が重要視されることが多いですが、新入社員の場合には仕事内容よりも、漠然とその企業で楽しく働けるかどうか、自分との相性がどうかを注目している学生も意外と多いです。

興味がない点も調べてアピールを演出する

企業の雰囲気が自分と合うかどうかは求人票ではわからず、その企業に訪問したり、また人事担当者と会うことで理解を深めることができます。しかしこの企業訪問をしたり人事担当者と会うこと自体が一つの関門になっていて、そこに到達せずに不採用と判断されてしまう学生も中にはいます。そのために学生は企業の経営理念、おこなっている事業内容について知識を深めて、それらと自分が希望する働き方がマッチしていることを字でアピールしなければならないのです。

徒労に終わらないための求人方法

書類選考を通過して、面接をおこなうことになり、初めて企業訪問ができて、また人事担当者に会って企業の雰囲気を知ることができるのです。そして、実際に感じた企業風土、職場の雰囲気によってその企業を本当に志望するのか否かを判断することができるのです。学生側もその判断を下すために多くの時間と労力を使いますし、企業側も折角面接までした学生が辞退するということにもなるのです。そのため学生も企業もできるだけ効率良く就職活動をするためにはもっと工夫が必要なのです。

CADオペレーターが活躍する分野については、理系の情報誌などで取り上げられることがあり、具体的な仕事内容を理解することが大事です。