アルバイト医師のメリットやデメリットを知ろう!

Posted by

人間関係によるストレスが少ないですよ!

アルバイト医師には様々なメリットがありますが、最大の特徴は常勤の医師と違い複雑な人間関係に悩む必要がありません。常勤の医師だと医長や院長の顔色を伺わなくてはいけませんが、アルバイト医師の場合だと仕事をしている時だけ医長や院長の事を気にしたら良いです。そのためストレスも常勤医師と比べたらかかならい場合がほとんどです。アルバイト医師の場合その間に何かあれば、常勤医師と違いすぐに退職する事も可能ですよ。

時給も良いし、希望通りの勤務ができます。

アルバイト医師の給与ですが、一般のアルバイトと比べたら高いのはもちろんですが、割りの良い医療法人だと常勤医師と同じくらいの時給がもらえる場合もあります。アルバイト医師の場合基本的には自分で勤務を組むので、無理のない程度で働く事が可能です。夜勤を希望する場合には夜勤専門で入ることもできますし、日勤を専門で入りたい場合にはそのような勤務を組むこともできます。勤務変更も院長に申し出すると簡単に可能ですよ。

常勤医との交流が難しいです

アルバイト医師にはデメリットもあります。通常常勤医ほど病院にはいません。そのため意思疎通が難しいというデメリットもあります。常勤医だと医局の会議が定期的に開かれていますが、アルバイトの医師だと参加する事はできません。常勤医と交流したい場合だと医局での会議ではなく個別で交流をしていく必要があります。ただし常勤医は常勤医の中で交流をしているので、アルバイト医師のために時間を取るのは難しい場合があります。

医師のバイトに申し込みをするときには、勤務地やスケジュール、仕事内容などを判断することがポイントです。