工夫次第でできる!子育て中のママのお仕事!

Posted by

専業主婦ではいられない

最近は給料のベースアップが少なくなり、消費税は上がり、子育て支援も十分とは言えず、一家に一人の働き手では十分とは言えなくなってきました。そこで主婦も働きたいと考えるのは当然のことです。資格やキャリアがある人なら、なおさら仕事を続けたいと思うのではないでしょうか。しかし主婦が働くのに一番問題になるのは子育の事です。特に子どもが小さいときにはできるだけ子どもたちに寂しい思いをさせたくないと思うでしょう。

保育園や保育ママ、夫や両親などの協力は重要です

子どもが、運良く近所の保育園や認定子ども園などに入れるなら好都合です。もし無理ならば無認可保育園を捜したり、保育ママさんにお願いすることも考えなくてはなりませんが、費用はかさむことになります。たとえそのような預け先が決まったとしても、子どもの行事や突然の病気のために休みを取る必要があるのに、仕事が休めないときや、急な仕事で迎えが間に合わないということもありうるので、夫の協力は不可欠です。さらに同居や近くに住む両親がいれば協力をお願いしたいところです。また近所に親しい人がいて、少しの間なら子どもを預かってもいいと言ってくれるようだと好意に甘えることもできるでしょう。

働き方にも工夫が必要です

周りの人たちの協力が得られるなら、仕事を捜すことや続けることが可能になります。それでも子どもの負担を軽くするためには働き方を工夫することも必要です。子どもが小さいときには、希望すれば時間短縮で働くことができる職場や、在宅勤務を認めるところも増えています。また二人一組で雇ってもらって、どちらか一人が仕事をして、もう一人は休みを取るようにして長く仕事を続けている例もあります。そうすれば子どもの行事などの場合にも気兼ねなく休めるからです。子育て中でも工夫次第で仕事を続けることはできるはずです。

介護職は、パートタイムや正職員・夜勤などの多様な働き方があります。働き方に柔軟に対応できるのでシングルマザーの仕事としてメリットが大きいです。